日記をメールで配信ご希望の方は,空欄にメールアドレスをご記入上、
送信してください。
ブログ更新と同時に同じ内容の記事をメールマガジンで登録します。
メルマガ登録・解除
映画「宇宙の約束」の仲間たち
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

      ドキュメンタリー「宇宙の約束」予告編
      かっこちゃん(山元加津子さん)の詩を映像として紹介しています。


WIN(再生ボタンを押すと、動画がはじまります)


MAC(再生ボタンを押すと、動画がはじまります)

大きな命として生きるって

昨晩遅くに、撮影旅行から帰宅〜!
先週木曜日に石川へ向けて出発してから、
東京、神奈川県、静岡県、愛知県と旅して無事帰ってきました!

「宇宙の約束」の映画を撮影していて、出演者の山元かっこちゃんに
触れていると、”大きな命”のことを最近よく考えます。

みんなの命が支えあって、ひとつの大きな命として生きている。
大きな命がちゃんと生きていけるように、すべてが
ちゃんと用意されている。起きてくることは、
悲しいことも嬉しいことも、すべて大丈夫。
だから、私が死んでしまっても大丈夫なの。

そんなことを、かっこちゃんは話します。

大きな木、その木の一枚の葉っぱが自分だけは落ちたくないって
言ったたら、どうなるでしょう、新しい葉っぱが出てこれませんね。
たとえ、一枚の葉っぱが落ちてしまったとしても、
大きな木として見たとき、木は生き続けていますね。

そういう観点で自分の”命”をみたことがなかったので、
とても新鮮で、一気には飲み込めない、でもとても大切なことを
聞いた気がして、探究しています。

私は、私の個としての”命”にずっと焦点をあてて生きてきました。
自分の”命”をいかにまっとうするか、どう輝かせるか・・・。
自分を、大きな命を支える一つの命として見るとき、
自分の死は、次の命への生のバトンタッチ、祝福の時なのだろうか。

かっこちゃんが、学校で出会った大ちゃんというお友達は、
柿が、青いままたくさん落ちているのを見て、

「この柿は、他の柿を赤くするために、青いまんま落ちたんやな。」
と言いました。

まだまだ、探究の旅は続きます。
どんな作品に完成するのか、旅は続きます。

私の机に飾ってあるポストカードの言葉。

「ともかく具体的に動いてごらん
 具体的に動けば
 具体的な答が出るから みつお」

知りたいことがある限り、創り出したいものがある限り、
旅を続けます、さぁ明日は何に出会うだろう^^

もうすでに大好きな友達というところから

もうすでに大好きな友達というところから 先週の木曜日に家を出てから、撮影や映画上映の応援などで、
関東方面を転々としています。今日はその最終日。

静岡県まで戻ってきて、風景の撮影をする日です。
ちょっと曇っているのだけど、いい映像が撮れたらいいな〜。

仲間といろんなお話をするのですが、ふ〜ちゃんと話す中で
あ!と思ったものがありました。

「私は講演会で話す前に、参加者の人をめっちゃ好きや!!
 大好きや!!と思うねん。そうすると、会場のみんなの雰囲気が違う」

そういや師匠も言ってました。

「講師として講座を開くとき、
 参加者といい関係を創らなければ、と話すでしょ?

 じゃなくて、もう既にその関係がある、というところから話してみたら?」

私の場合、初対面の人には、ついつい”賢い””ちゃんとした”人を装って、
無難にまとめて、結局深くつながれずに、翌日になると忘れられるタイプ。

お会いする方といい関係を創りたいと思う気持ちが逆効果になってしまうのです。

今度から、そんな風に話してみよう!
ちょうど、映画に出ていただきたい方のマネージャーさんに
主旨をお話する約束がありました。

よし!マネージャーさんともう既にいい関係ができている、
そこからスタートしてお話したら、
相手の反応に過敏になることもなく、伝えたいこと、
自分のことをちゃんと伝えられました。

何より、よく思ってもらおうという作為が必要ないので、
伸び伸びできて、会話することが楽しいんです。

楽しくお話するうちに、
マネージャーさんも前向きに検討してくださることになり、
近くにあるランチのおいしいカフェまで教えていただいて、
そこでランチを食べて帰ってきました。

これからいろんな方とお会いするでしょう。
引っ込み思案な私ですが、せっかくお会いできたんだから、
たくさん響き合いたい、響き合っていこうと思ったのでした。

”私の”じゃなかった

今日は、歌手の方にお会いしました。
映画の主題歌を歌ってくださることになるかもしれない方で、
どんな方だろうと、わくわくしながらお会いしました。

25歳でデビューして2年が経った今、これから
新しい気持ちで、”生命の根源”をテーマに歌っていこうと思っています、
と決意を話してくれました。

デビューしたての頃は、環境の変化になじめずに、
自分のことをアピールできなかったり、引っ込み思案だったり、
受身になってしまっていたそうです。

2年たって、自分は”生命の根源”をテーマに歌いたいんだ、
歌うんだ、と決意した後は、自分を積極的にアピールするようになりました。

「”生命の根源”をテーマに、伝えたいことが見つかりました。
 それを引っ込み思案だから、、、なんて閉じこもっていたら、
 それはエゴになっちゃうから、だから恐れずにどんどん
 表現していこうと思っています。」

はっとしました。

自分も今、映画を創り始めていて、どこかで引っ込み思案じゃなかったか。
応援してくださいの一言を尻込みしていなかったか。

それはどこかで、”私の”映画という意識があるからだ。
でもよく感じてみると”私の”映画じゃないんですね。

映画の歌を歌うよ、と言ってくれる人、
チラシを創ったら配るからと声をかけてくれた人、
”宇宙の約束”を書いたかっこちゃん、
”宇宙の約束”を書かせた何か大きな力、
みんなでチームになって、
「いつかのいい日のため」に創っている映画なんだな。

急に楽しくなってきて、チラシを創ろうと
さっそくおのっちと話をしています。

主題歌決定

映像の次回作の撮影をスタートしたとブログで書きました。
今日は山元加津子さんにインタビューさせてほしい旨、電話で伝えました。

加津子さんの、般若心経の心訳を読んで感動し、
その世界観に魅かれて、それを映像を通して描き出したいなぁと思いました。
そのことを伝えると、「うれしいです!」と即OKのお返事が!

しかも、加津子さんがその般若心経から作詞作曲した歌があって、
それを映画の主題歌に使ってくださってもいいですよ、と言ってくださったのです。

早くも主題歌が決定!
撮影は、12月23日に。

入江ふ〜ちゃん監督作品の「1/4の奇跡〜本当のことだから〜」が
ものすごい反響で、ついつい私はそんな作品は創れないとか、
いろいろ考えて、次回作のスタートを足踏みしていました。

えいやと、一歩を踏み出したら、
いろんなことが動き出すものですね。

振り返れば、会社をやめたことも、女優にチャレンジしたことも、
初映像作品をつくったことも、すべて、えいや!と一歩を
踏み出したのが始まりでした。

会社をやめたから、今こんなに自由に活動できる。
女優にチャレンジしたから、人前恐怖を克服して自信がついた。
初映像作品をつくったから、今の”1/4の奇跡”につながっている。

えいやの一歩。
思うばかりでなく、行動に移すこと。
その面白さを感じます。

さぁ、えいや!えいや!で現実を創って楽しもう♪

スタートは何となく

今日は、伊勢に行ってきました。
次回の映像作品に登場されるで”あろう”方を撮影するためです。

どうして”あろう”なのか。

今回の作品は、”生きるとは?””存在とは?”を
私自身が、いろんな人と出会い、お話を聞く中で
探究を深めていく作品にしようと思いました。

どんなストーリーになるか、展開になるか、
私にもまったくわかりません。
今日はじめて、何となく(笑)撮影をスタートしました。

そして、今日出会ったお話がまた面白かったんです。

ある方が、師匠について海外へ旅に行きました。
師匠から、ついてきたらいいんじゃない?と声をかけられたからです。

師匠に、「自分はどんな目的を持って、旅をすればよいでしょうか?」と
たずねると、「君は、サングラスして旅に出るの?そんなことしたら、
見えるものが見えなくなるよ。」と返ってきたのです。
実際、目的を持つことなく旅をしたおかげで、その方は自分の使命と
出会っていきます。

私も、今回の作品は何も決めず、何も持たず、ただお一人お一人と
出会っていこうと思っています。その中で、自然にテーマやストーリが
あぶりだされてくるように思います。

さぁ、何があぶりだされるのか、楽しみです!

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

初上映会のチラシがダウンロードできます。
映画「宇宙の約束」制作チーム
山元加津子さん映画「宇宙の約束」を制作しています。みなさん、仲良くしてくださいね。



Search

Calender

« | 2017-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -